写真 :Getty Images

カルチョ熱の源泉「カンパニリズモ」

どうも!カルロウです!

久しぶりのブログ更新となって申し訳ございません。

さて今回もイタリアに行ったことのない僕がイタリアの文化を偉そうに語るブログがやってきましたね()

今週末ミラノダービーが行われます。また先日にはローマダービーもありましたが、とても白熱した戦いとなりました。

またローマダービーに関したことといえば、ローマダービーでは世界でも有数の仲の悪いダービーでもあります。2013年に行われた試合で押収されたものにはこんなものが…

え、戦争!?

ローマっ子は文字通り命をかけてダービー観戦に行ってるのですね。

ではなぜこんなにもイタリアサッカー界においてダービーは白熱するのでしょうか?

実はそれはイタリア人の根底にあるCampanilismo(カンパニリズモ)という価値観が関係しているのです…。

 

この記事の目次

  1. カンパニリズモとは?
  2. サッカーとカンパニリズモ
  3. カンパニリズモの魅力
  4. カンパニリズモの負の側面
  5. 最後に

 

1/6 ページ


関連記事