写真 :Getty Images

エリクセンにつけられる文句なんてあるはずないじゃないか

2020年1月28日、トッテナム・ホットスパーはクリスティアン・エリクセンの放出を発表いたしました。

移籍先はイタリア、インテルです。

史上最高の選手の一人

トッテナムの選手としての時間が始まったのは、2013年8月30日、いわゆる「ベイルマネー」で獲得した7人の選手のうちの一人です。その中で、いやここ10年で獲得した選手の中では最高のプレイヤーであることに異論はないでしょう。余談ですが前述の7人のうち、残っているのは遂にエリク・ラメラだけになりました。

プレミアを戦う選手にしては線が細く、最初は活躍できるのか心配でしたが、初年度からこれまで安定して結果を残し続けてきました。中盤であればどの位置でもプレーができる。常にピッチ全体が見えていて、左右両足から繰り出されるパスは完璧な質を備えています。中盤インサイドから斜めに鋭く落とすアーリークロスはエリクセンの真骨頂、強さも速さも狙う位置も、少しずれれば通らないようなボールから、いくつもアシストを記録してきました。

1/4 ページ


関連記事