写真 :Getty Images

【急遽】苦境に立たされそうなラキティッチ

キケ・セティエンバルサの初陣。

本当に素晴らしい試合でした。久々に“バルサっぽい”サッカーが見られた上、しっかりと勝利。ゴールを奪うまでに時間はかかりましたが、初戦としては100点満点です。楽しかった。

グラナダ戦のレビューはなるべく早くアップします。そして新監督キケ・セティエンの采配についてもたくさん書きたいことがあるのですが。

ラキティッチが気になります。皆さんのツイートを見てると、この試合でのプレーに対する評価が非常に厳しかった。

私個人的としては、そこまで悪くなかった。というのが率直な意見です。ただ他の選手たちが軒並み好プレーを披露したので、少し見劣りしたのかなという感じでしょうか。

それでも、今シーズンここまでのラキには色々と思うところがあります。

この記事では、ラキティッチの今後について考えていきます。短めにいきます。

【結論】ラキティッチの立場は今まで以上に厳しくなる(だろう)

バルサには現在、

アルトゥーロ・ビダル(32)
ブスケツ(31)
ラキティッチ(31)
アルトゥール(23)
フレンキー・デ・ヨング(22)
リキ・プッチ(20)

という6人のミッドフィルダーが在籍しています。(プッチは今後、ファティやペレスのようにトップチーム扱いになるでしょう。)

普通に考えると、中盤の枠は3。今回のグラナダ戦ではブスケツ、ビダル、ラキティッチの3人がスタメンに選ばれ、カンテラーノのプッチ、ケガ明けのアルトゥールが途中出場しました。フレンキーは出場停止によりベンチ外です。

1/5 ページ


関連記事