写真 :Getty Images

【冬の移籍市場も終盤戦】チェルシーの補強ポイントと獲得候補

CASへの告訴が承認され今冬から補強解禁となったチェルシー。

移籍市場開幕当初は、ジェイドン・サンチョ、ハキムジエフ・ウィルフレッド、ザハ、ベン・チルウェル、ネイサン・アケ、ティモ・ヴェルナー・デンベレなど数々のビックネーム達の名前が噂として挙がっていたが移籍が実現する気配は一向にない。

反対に現在チェルシー関連で取り沙汰されているのはオリヴィエ・ジルー、マルコス・アロンソ、エメルソンなどの放出の噂だ。

移籍市場の閉幕は1月31日だ。チェルシーの補強ポイントや獲得の噂などを踏まえつつ、今後の流れについて考えてみた。

目次

  1. ランパード監督の考え
  2. チェルシーの補強ポイント
  3. 獲得が予想される選手

 

ランパード監督の考え

ランパード監督は数選手を獲得したいと明言している。しかし、過去のようなパニックバイは避けたいようだ。

チェルシーは過去に冬の移籍市場でアレシャンドレ・パトやイグアインなどを獲得してきた。

しかし、どちらの選手も不発に終わり、資金を無駄にしたと言わざるを得ない。

ランパード監督としてはこのようなパニックバイは避けたいようだ。

1/5 ページ


関連記事