写真 :Getty Images

【ありがとう】バルベルデの2年半を振り返る

お久しぶりです。

1ヶ月ほどサボっていました。年末年始を中心に個人的なイベントがあったりしましたが、単なるサボりです。すいません。

この間にもバルサは色々ありました。アレニャーのベティス移籍(ローン)が決まったり、サウジアラビアで行われたスペインスーパー杯でアトレティコに敗れたり。

そして、この敗戦がキッカケとなり、バルベルデ監督の解任が発表されました。後任は、昨季までベティスを指揮していたキケ・セティエンです。

新監督については後日触れるとして。

思い返せば17年夏。監督就任直後にネイマールがPSGに電撃移籍したところからバルベルデの苦悩は続きました。そのシーズン開幕直後に行われたスーペルコパの惨敗。そこからチームを建て直してのリーガ連覇。2年連続のCL大逆転負け。フロントからの圧力。そしてシーズン途中での解任。

ブログやTwitterを通して何度も何度も文句を言いましたが、本当に良くやってくれたと思います。感情を表に出すタイプの監督(人間)では無いので色々誤解もされたでしょう。名采配もあれば迷采配もありました。

この記事では、2年半バルサの監督を務めてくれたバルベルデに対するリスペクトを込めて! いくつかのキーワードに分けながら、彼の功績を振り返っていきます。

目次

  1. ネイマールショック
  2. パウリーニョとビダル
  3. メッシとの関係とスアレスの扱い
  4. フロントとの関係
  5. コウチーニョとデンベレ
  6. ターンオーバーとカンテラーノ
  7. 安定した勝率
  8. 最後の言葉

1/7 ページ


関連記事