写真 :Getty Images

罰ゲーム的スーペルコパで得たもの

招集リストの記事でも述べた通り、この時期に長距離移動し、時差のある場所で強度の高い試合をしなければならないのは辛い。

リーガ、コパデルレイの優勝クラブが戦ってきた例年のレギュレーションであれば、昨シーズンどちらのタイトルも取っていないマドリーに参加資格はなかった。

「これまでなら出場もできないのに」と言われればその通りだが、無理に頼み込んで出場したわけでもない。ルビアレス会長の思惑により参加することとなったのだった。

経緯はどうあれ、この”罰ゲーム”に参加したことで得たものも見えたので、そうしたポジティブな面について少々まとめておく。

 

1. ベンゼマ不在時のオプションを試せた

ベンゼマは1トップで素晴らしい働きを見せている一方、控えのヨビッチに出場時間が与えられず計算が立つレベルには達していない。そのため、ベンゼマが負傷などで離脱すると質が大きく下がることが懸念されていた。

今大会では、ベンゼマが招集外となっていたので、そうした非常時を想定したシミュレーションとしてはいい機会となった。

そこでジダンが採用したのが、ヨビッチの1トップの下にイスコとモドリッチを置き、中盤の低い位置にバルベルデ、カゼミロ、クロースを揃えた4-3-2-1であった。

ヨビッチがベンゼマのような幅広い仕事ができない分、組み立ての仕事を2列目が担うことで負担を軽減。役割分担することによって課題解決を狙った。

形としても新しいものだったので練度は高くなく、ヨビッチに得点もなかった。だが、少なくとも、従前のようにヨビッチ1人に対しクロスを入れるしかなくなる4-1-2-3よりは可能性は感じられた。

バルベルデ、カゼミロの併用もなされているため守備強度も維持できており、ヨビッチを起用する際に検討できるレベルのものではあることが確認できたと言える。

課題は、層が薄い中盤の戦力を多く投入せざるを得ないという点。

この点については、2列目にはロドリゴを置くことを考えてみたい。サイドではゴールに遠く、得点に直結するプレーが最近できていないロドリゴをシャドーの位置で起用すれば、これまでと違った内容が期待できるだろう。

また、いまだトンネルの中にいるビニシウスにも同じようなチャンスがあるかもしれない。

こうしたコンバートも含めて考えると、成熟にはかなり時間を要するだろうが、それでも可能性の一つとして考えられる形を提示することはできたのではないか。

1/3 ページ


関連記事