写真 :Getty Images

【上半期総評】静脈を紺色に、動脈を臙脂に。

リーガは上半期を消化した。

首位バルセロナと2位レアルマドリードは勝点40タイ。アトレティコマドリードは勝点35で5の差を追走せんとしている。

スタンディングテーブルの順位だけは、見た目例年と変わらない。トップ3は見た顔ぶれである。

しかしポイントに目を向けると、最終節に近づくにつれ勝点差1に泣くAll or Nothingとなる泥沼にもつれ込む未来が見える。トップ層だけの話ではなく、昨シーズンを超えるカオスっぷりが目につき、どのチームに背中を刺されるか分かったものではない。

…バルセロナに話の焦点を合わせたい。

上半期の勝点40は、07-08シーズン以来最悪の成績である。

今季のド頭からビルバオのアドゥリスにバイシクルシュートで沈められ、出鼻を挫かれたこのチームは、その後あぜ道を無理矢理通る自動二輪の如く、個の攻撃力に依存する一点強行突破で勝点をぶんどってきた。

守備力については、現在降格圏にいるレガネスと最下位エスパニョールにさえ失点を許しており、レアルとアトレティコがここまで12失点タイで抑えている一方で、倍近くの23失点を記録している。

クラシコをスコアレスで終えておきながらレアルと得失点差で競り勝っているのは、MSだけでアトレティコの総得点22点を超える計24点を叩き出し、適応が心配されてきたグリーズマンがなんだかんだ7点放り込んだ恩恵である。さらに、メッシ依存と言われながらアシスト数はスアレスが7でバロンドーラー(アシスト数6)を上回る。

数字に沿えば、見た目健全な攻撃力よりも守備に問題があるように感じる。

事実クラシコでは前半レアルが完全に圧倒し、バルセロナはシュート数3対12でロッカールームに退散させられた。枠内にあと数本飛んでいれば負けていた内容だったろう。

しかしクレ・アントワネットは「守備が不満なら、攻めを褒めれば良いじゃない」とはならない。私を含め、内容への満足度に150点の感動を求めるサポがほとんどだが、ポジショナルプレーのポの字も無い現状では望むべくもない。それは分かっている。しょうがない。

そういう期待値の基準を取っ払っても、クレの中で今季のバルセロナに100点をつけられる人はほぼ居ないだろう。チーム独特の戦術的、哲学的、先進的魅力を感じない「どこかで見た」ような展開が連続する原因の一端はクラブ内外に分散していることも手伝って紐解けない。根が深すぎる。

1/5 ページ


関連記事