写真 :Getty Images

マウリシオ・ポチェッティーノに心からの敬意を

2019年11月19日、マウリシオ・ポチェッティーノ監督の解任が発表されました。

予測していなかったわけではない。

それでも、やっぱり悲しくなるよ。

 

いつまでも一緒に戦いたかった

2014年5月27日、サウサンプトンで高い評価を受けていたポチェッティーノがトッテナムの監督に就任する。

当時のスパーズはプレミアリーグの中ではいわゆる第二グループにいた。ビッグ4と呼ばれていたプレミアの勢力図に、オイル・マネーによって急速に力をつけてきたマンチェスター・シティが加わっていて、事実上の5強体制だ。スパーズはその中にどうにか割って入ろうと、もがき続けていた。前任のティム・シャーウッド体制の最終年は6位でシーズンを終えていて、当時の目標はチャンピオンズリーグ出場圏内である4位以内に入ること。それが全てでした。

目標はあくまでも目標で、実際にCL圏内を安定して得られるクラブになると言うことは難しいと見られていた。リーグで優勝を争うシーズンがあるなんて思ってもみなかったし、チャンピオンズリーグなんて出ることだけが目指すところでその先なんて考えていなかった。

1/3 ページ


関連記事