写真 :Getty Images

2019-20シーズンに前十字靭帯を負傷したサッカー選手たち

Writerサッカークラフト編集部

2019-20シーズンがスタートし、はや3ヵ月が過ぎた。

勢いに乗り躍進するチームや低迷するチームなど、早くも各チームの明暗がくっきりと分かれてきた。そんな各チームの明暗が分かれた一つの要因でもあるのが選手の怪我である。

今回は怪我の中でも復帰に半年以上を要する重傷の前十字靭帯を負傷した選手たちを紹介し、彼らの早期復帰を願う。

 

カラム・チェンバース(アーセナル)

12月29日に行われたチェルシーとのロンドンダービーにおいて、アーセナルのDFチェンバースが左膝前十字靭帯断裂の重傷を負った。1月2日に手術を受け、離脱期間は6ヶ月から9ヶ月の見込みである。

1/8 ページ


関連記事