写真 :Getty Images

新たな時代到来か…レスターがトップ4でフィニッシュできる4つの理由

プレミアリーグに新たな時代が到来しようとしているのかもしれない。

今のリーグにはマンチェスターの2勢、リバプール、そしてロンドンのチェルシー、アーセナル、スパーズとビッグ6と呼ばれているチームがある。

しかし、今シーズンの順位表は非常に面白くなっている。

チャンピオンズリーグ出場権内である4位以内に入っているのがリバプール、チェルシー、マンチェスター・シティ、そしてレスターシティなのだ。

更にはヨーロッパリーグ出場権内には昇格したばかりのシェフィールド・ユナイテッドがいる。

アーセナル、マンチェスター・ユナイテッド、スパーズはそれぞれ6位、7位、14位と低調なパフォーマンスに終わっている。

移籍市場における資金の使い方も変わってきている近年、もしかするとプレミアリーグの勢力図が大きく変わる可能性がある。

その筆頭がレスターシティである。

セルティックを完全無欠な王者にしたまま退団し、指揮を執ることになったブレンダン・ロジャースが作り上げているレスターシティはあの「奇跡の優勝」の時とはまた違った強さがあるのだ。

レスターシティが次の時代の代表者となるならばその始まりはチャンピオンズリーグ出場権内でシーズンを終えることだろう。

そこで今回はレスターシティがトップ4でフィニッシュできる4つの理由を紹介しよう。

1/5 ページ


関連記事