写真 :Getty Images

ついに現れたランパードの “正統後継者” 超新星MFメイソン・マウントって何者?

2. 生い立ち

マウントは1999年1月10日イギリスのポーツマスで誕生した。

イギリス南西部で幼少期を過ごしたマウントは6歳の頃にチェルシーの下部組織に入団した。

マウントはアカデミーで過ごしていくうちに熱狂的なチェルシーファンになっていたのは有名な話である。そして彼は徐々にチェルシーでの活躍を夢見るようになっていく。

その後ユース年代で頭角を現していたマウントは2015-16シーズンのUEFAユースリーグ制覇に貢献し、翌シーズンオランダのフィテッセでプロとしてのフットボールキャリアを歩み始める。

 

プロの厳しさを知り成長を続けたオランダ時代

フィテッセ時代のマウント【Getty Images】

マウントは2017年当時18歳の頃にオランダのフィテッセでプロデビューを飾った。

マウントはシーズン序盤ベンチを温める試合が続いたが、徐々に才能の片鱗を見せつけ始めシーズン中盤戦からは監督の信頼を勝ち取り絶対的な選手へと変わっていた。

マウントはこのシーズン公式戦で13ゴールをあげ、クラブの年間最優秀プレイヤーに選ばれた。

18歳の少年が故郷を巣立ち異国の地でプレーすることは精神的に簡単では無い。このオランダでの経験が今のマウントのメンタルの土台を作ったと言っても過言では無いだろう。

このマウントに “ある男” が強い関心を示し、翌シーズンから共に仕事を始めることになる。この男がマウントをさらなるレベルへと引き上げる。

2/4 ページ


関連記事