写真 :Getty Images

ついに現れたランパードの “正統後継者” 超新星MFメイソン・マウントって何者?

今スタンフォードブリッジではあるチャントが頻繁に歌われている。

Mason Mount Mount Mount Mason Mount Mount Mount ole ole ole ole ♫

そう。これはチェルシーMFメイソン・マウントのチャントだ。マウントはここまでタミー・エイブラハムらと並び最もサポーターの心を掴んだ選手の一人だ。

現在プレミアリーグの大舞台で脚光を浴びている彼がここまでどのようなキャリアを歩んできたのか?彼はどのような人物なのか?

今回はMFマウントについて深く取り上げてみようと思う。

目次

  1. プレースタイル
  2. 生い立ち
  3. まとめ

 

1. プレースタイル

メイソン・マウントは主にオフェンシブミッドフィルダーと左ウィングを主戦場とする。彼は現代的なミッドフィルダーである。ボールに関与し攻撃のリズムを作り、守備も厭わない。そんな彼にはいくつかの強みがある。

◎ マウントの強み

  • 豊富なスタミナ
  • ボールへの関与が上手い
  • ダイナミックな動き
  • 繊細なボールタッチ
  • 高精度なプレースキック

今季マウントはチェルシーのセットプレーを任されている。マウントのキック精度の高さがチームの大きな強みになっている。

ダイナミックなフットボールを思考している今季のチェルシーにとって攻撃にダイナミズムをもたらすマウントは既に必要不可欠なピースになっている。

そんな彼はシーズン前、英国では “British De Bruyne” と呼ばれていた。このまま成長を続けていけばデ・ブライネの域に到達することも十分可能だろう。

1/4 ページ


関連記事