写真 :Getty Images

サッカーとラグビーの類似性 〜サッカー好きの皆様に向けて〜

皆様、お久しぶりです。久々にブログ投稿させていただきます。

昨今、日本で開催されているラグビーW杯。日本代表の歴史的快挙もあり、かなりの盛り上がりを見せていますね。これまで、ラグビーを全く見てこなかった人もテレビの前や試合会場、パブリックビューイングなどで釘付けになっているのが、個人的にはとても嬉しいです。(高校時代ラグビー部だったため)

さて、そんなラグビーですが、なんせルールが難しいです。正直経験者でも7、8割しかわかっていなかったりします。もちろんルールを覚えることは、よりラグビーを楽しむことに繋がります。しかしながら、正直ラグビーのルールは説明されただけでは、理解することが難しいものです。そこで、今回は、このブログにてルールではなく、競技性の部分を、サッカーを愛する皆様にお届けできたらなと思い、執筆させていただきます。

単刀直入に言いますと、サッカーとラグビーはめちゃくちゃ似ています!

では、具体的にどのように似ているのか、そして逆にどこが違うのか。以下の3つの観点からご説明させていただきます。

 

目次

  1. 4つの局面
  2. スペースの活用
  3. サッカーとラグビーの違うところ
  4. まとめ

1/4 ページ


関連記事