写真 :Getty Images

最近気になったサッカー選手たち

最近は、そこまでサッカーを見れてはいないのですが、試合やハイライト、そしてニュースやSNSで気になったサッカー選手たちをまとめようと思います。不定期です。

 

① ルベン・セメド(オリンピアコス)

こいつからかよ!と自分で自分にツッコミをしたいと思いますが、CLのグループ順から見ていて、たまたま上にいたので、選択しました。もともと知ってはいたのですが、言ってしまえば「とんでもない訳あり選手です」

初めて見たのはU22の代表戦だと思いますが、そのときからパワフルで、フィジカルコンタクトはすごいなという印象。だが、その後、とんでもない事件を起こして、「選手生活は終了のお知らせ」だと思っていました。でも今シーズンオリンピアコスでDFリーダクラスになると、まさかのフル代表選出。試合はまだ見れていないけど、見たときには『犯罪者』と叫びそうになるのは我慢して、そっと見守りたいと思います。

やらかした事件はこれね。↓

セメドが逮捕 拳銃使って脅迫

とんでもねえよ。

View this post on Instagram

🇵🇹

A post shared by Ruben Semedo (@r.semedo35__oficial) on

いい笑顔だ。

 

② パトリック・ファルカス(ザルツブルグ)

リバプールを追い込んだザルツブルグのプレーヤー。その試合には出場していないが、リーグ戦ではコンスタントに出場している。正直ここで私が伝えたいのは、プレー面ではなく、Instagramです。モデルかよ?!と思うくらいかっこよく、自分を魅せるインスタを運営している。かっこいいから見て欲しい。

明治通りに欲しいポスターだね。イケメンだ。サッカー選手じゃねえ。

プレースタイルはRBグループの選手らしく、イルザンカー(ライプツィヒ)やライナー(ボルシアMG元ザルツブルグ)のようで、加入前に自分自身でも言っている。

1/3 ページ


関連記事