プレミアリーグも4分の1くらい終わったから各チームを振り返ろう

こんにちは。執筆段階では台風がすごいことになっています。

プレミアリーグも開幕してはや8節が終了しました。今はインターナショナルブレークで我らがチェルシーの面々をはじめ多くのプレミアリーガーは代表に合流しFIFAウイルスに感染しています。

というわけで日々のリーグ戦を楽しんでいた我々は退屈なところ。今回はタイトル通りプレミアリーグの序盤戦、各チームのスタートダッシュを振り返りましょう。

 

プレミアリーグ序盤戦採点

リバプール 95点

何もいうことのない昨季CL覇者。今季は悲願のプレミア初制覇に向けて8戦8勝という最高のスタートダッシュ。特筆すべきは「勝ちきる力」であり、圧勝で勝点24、というよりは苦しみながらも一戦一戦、という印象。3点とっては3点取られ、みたいな時代は今は昔。

不動の守護神、アリソン・ベッカーが離脱したのは痛手だったがアドリアンの奮闘で勝点をキープ。懸念点は代えのいない3トップくらい。若干フィルジル・ファン・ダイクの圧倒的さが薄れている印象はあるが、昨季が異次元過ぎただけだろう。

あとはクリスマス後に気を抜かないこと。

アシスト数でギネスに載ったTAAは今季も牽引

マンチェスター・シティ 70点

2連覇を果たした絶対王者は不安定な滑り出し。その元凶は間違いなくCBで、指摘はされていたヴァンサン・コンパニ退団後の後釜を取らなかったことが的中。

抜群の安定感を誇っていたアイメリク・ラポルトが長期離脱した時点で最悪のストーリーだったが、ニコラス・オタメンディがさらにその上(下)を見せてしまう。喫した2敗では見事に決勝点の献上に絡んでしまった。多分そろそろカイル・ウォーカーがCBやるに一票。

攻撃陣は相変わらずの超高火力で、レロイ・ザネと定期離脱のケビンデ・ブライネが不在でも大丈夫そう。まあぶっちゃけ今季はリーグよりCLでしょう。

イカれたメンバーを紹介するぜ〜プレミア編〜

 

アーセナル 75点

金無い金無い、ついでにオーナーのやる気もないといいつつガッチリと補強した2年目エメリ政権。準備万端で迎えた今季は3位と上々の滑り出しに。

ただやってるサッカー自体には疑問符もかなり付いており、 ルーカス・トレイラとメスト・エジルはどうしたもんか。前年得点王のピエール・エメリク・オーバメヤンがなんとかしている感は否めず。ニコラ・ぺぺがまだフィットしてないのはともかくダビド・ルイスを補強して守備がなんとかなると思ってるのは大いなる誤解。長期離脱組がだんだんと戦線復帰してきたのは朗報。

恐れていたことが起きてしまった【Getty Images】

1/5 ページ


関連記事