写真 :Getty Images

ドイツ史上最高のオールラウンダー、バスティアン・シュヴァインシュタイガー

2013年にFCバイエルンでチャンピオンズリーグを制覇し、続く2014年のドイツ代表W制覇の立役者にもなったMFバスティアン・シュヴァインシュタイガーがこの程引退を発表した。

シュヴァインシュタイガーはこの2つのビッグタイトルのみならず、クラブレベルでは長年にわたりFCバイエルンの顔であり、ドイツ代表では歴代4位の121キャップを誇る。その実力から言ってもドイツサッカー史上でも偉大な選手の一人に数えられるだろう。そのキャリアを振り返ってみたい。

1984年生まれのシュヴァインシュタイガーがブンデスリーガでデビューしたのは若干18歳の2002年である。この当時、ドイツは深刻なタレント不足に喘いでおり、シュヴァインシュタイガーは早くもその2年後若干20歳でEURO2004のメンバー入りを果たした。当初は鋭いドリブルを得意とするサイドハーフとして専ら起用され、積極的に1対1を挑む果敢なプレーが印象に残っている。

シュヴァインシュタイガーはこれ以降、無回転のフリーキック、左サイドから切り込んでのミドルシュートなどのオフェンス能力に磨きをかけて2006年の自国W杯、EURO2008にドイツ代表の主力選手として出場した。しかし、この当時のシュヴァインシュタイガーには誰の目から見ても明らかな欠点が存在した。



1/4 ページ


転載元:
https://pomta.info/bastian-schweinsteiger-carrier/

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。