写真 :Getty Images

衝撃の敗戦、王者シティを破ったウルブズの凄さが再び

プレミアリーグ第8節、王者であるマンチェスターシティはエティハドでウルブズを迎え撃つことになった。

何度も紹介したようにウルブズはチャンピオンズリーグ出場権を手にしてもおかしくがないほどの実力を持っており、まったく油断ができない相手だ。

そんな相手をホームに迎え、そして彼らはノリッジシティに続き今シーズン2敗目を喫してしまったのだ。

それも無得点に終わり、アダマ・トラオレに2点を許した。

ではなぜマンチェスターシティはホームであっさりと敗れてしまったのか。

今回はその要因とウルブズの凄さを再び紹介しよう。

 

この記事の目次

  1. ペップのギャンブルすぎた采配
  2. デ・ブライネの怪我
  3. ラポルテの不在
  4. ヒメネスが爆発的な活躍


1/4 ページ


転載元:
http://keny-premierleaguerumor.blog.jp/archives/3744064.html

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。