写真 :Getty Images

19-20シーズン、プレミアリーグ各クラブ期待の若手たち③

Writerとたん

今季、プレミアリーグに所属する20チームの期待の若手を1人ずつ、5チームを4回に分けて紹介します。

3回目となる今回はマンチェスター・シティから紹介。

1回目⇒19-20シーズン、プレミアリーグ各クラブ期待の若手たち①

2回目⇒19-20シーズン、プレミアリーグ各クラブ期待の若手たち②

マンチェスター・シティ

イアン・カルロ・ポベダ

  • 2000年2月9日生まれ
  • 19歳(2019年9月25日時点)
  • FW
  • U-19イングランド代表

2019年1月のリーグ・カップ準決勝バートン・アルビオン戦でトップチームデビューを果たした右ウイング。

チェルシーユースでキャリアをスタートさせた後、スペインのプエルト・マラゲーニョ、アーセナル、バルセロナ、ブレントフォードと渡り歩き、2016年にマンチェスター・シティユースに加入。

各世代のイングランド代表に招集されているが、両親がコロンビア人のためコロンビア代表も選択可能。

 

マンチェスター・ユナイテッド

ブランドン・ウィリアムズ

  • 2000年9月3日生まれ
  • 19歳(2019年9月25日時点)
  • DF
  • U-20イングランド代表

近い内にルーク・ショーにポジション争いを挑むだろうと期待される左サイドバック。

ベンチ入りはしなかったが、大逆転勝利を収めたCLのPSG戦のスカッドに入っていた。

19-20シーズンはU-23チームでプレーし、9月24日時点で5試合出場4アシスト。



1/2 ページ


関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。