写真 :Getty Images

【交通整理】バスを置かれたらどかせないのか

ベティス戦は5-2で勝利。

アドゥリス・ショックからなんとか立ち直った。っぶねえよホントバルセロナァ・・・。

        制作・著作
(終)━━━━━
ⓃⒽⓀ

嘘です。ちょっと考えましょう。バスを置かれたあの試合。

この記事の目次

  1. アイデア不足は否めん
  2. ペナルティエリアの角ギリギリに侵入する
  3. バスは「どいた」

 

① アイデア不足は否めん

前半だけ見れば1-1で折り返し。ベティスはゴール前にバスを1台置いて徹底的に守った。

「うわめんどくせえ。」

青の範囲を重点的に守りたいベティスは、守備をハーフレーン幅から外に広げようとはしない。

サイドチェンジを行なってもスライドは最低限の動きになるため、振ったところで大した崩しにはならない。

グリーズマンが下がっているため、横から高速クロスも入れられない+そもそも中が人手不足。中央から崩す気が失せる守備配置。

今シーズンも例年通り、中堅下位のチームはこの陣形を強化してゴール前を固めてくることになりそう。仮にサイドチェンジしても、

「嗚呼めんどくせえ!」

最終ラインとバイタル付近、配置変わらねえじゃん・・・という。

ボールが反対側に飛ぶだけでほとんど見た目は解決しない。結局3択になり、しかもそのうち2つは、「やり直し」か「諦める」である。抉ろうとしている位置が深いためにそうならざるを得ないという・・・。

中盤でボールを晒しながら回してアンカーから引きずり出せばまだ光明もあったのだろうが、ラフィーニャは外に張り、ブスケツはロレンにつき、デヨングは左に張っていた。それ以外中に人がいないため、どうしても三角形を作れない。

そうこうしているとDAZN解説の小澤さんがバッサリ「アイデアがないですね」と斬り捨てていた。

おい。やめろ。その通りだから。



1/3 ページ


転載元:
https://note.mu/riosam_official/n/n32cce30b6fc3?creator_urlname=riosam_official

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。