写真 :Getty Images

19-20シーズン、プレミアリーグ各クラブ期待の若手たち②

Writerとたん

エバートン

ルイス・ギブソン

  • 2000年7月19日生まれ
  • 19歳(2019年8月31日時点)
  • DF
  • U-19イングランド代表

2017年7月に最大600万ユーロ(約7億8,000万円)まで上昇する条件でニューカッスルから加入。

速く強いタックルが特徴で、直ぐにエバートンU-23の主力となった。

19-20シーズン開幕前のプレシーズンツアーに帯同していたが、マルコ・シウバ監督はまだ足りていないものがあるとしてファーストチームデビューは早いと判断したと明かした。

 

レスター・シティ

ジョージ・ハースト

  • 1999年2月15日生まれ
  • 20歳(2019年8月31日時点)
  • FW
  • U-20イングランド代表

1980年代半ば~1990年代後半にシェフィールド・ウェンズデイで活躍した元イングランド代表FWデイヴィッド・ハースト氏の息子。

U-20イングランド代表としてトゥーロン国際大会に参戦した。

父親と同じくシェフィールド・ウェンズデイでプレーしていたが、18-19シーズンをレスター・シティを所有するキング・パワー・グループ傘下のOHルーベンで過ごし、19-20シーズンからレスター・シティに加入。

 

リバプール

キ=ヤナ・フーバー

  • 2002年1月18日生まれ
  • 17歳(2019年8月31日時点)
  • DF
  • U-17オランダ代表

2019年1月、ウルブスとのFA杯3回戦で負傷したロヴレンに代わり16歳でデビュー。

リバプールにとってFA杯史上最年少、全コンペティションでは3番目に若いデビューとなったが落ち着いたプレーを見せた。

同郷のファン・ダイクと同じようなキャリアを進むと期待されている。

 

第3弾、4弾に続く

2/2 ページ


関連記事