写真 :Getty Images

19-20シーズン、マンチェスター・ユナイテッドの最重要選手TOP3

3.アントニー・マルシャル

アントニー・マルシャルはルイス・ファンハールによって獲得された元モナコの天才選手だ。

ではなぜマルシャルなのか。

今シーズンはロメル・ルカクが退団し、チームにとって絶対的な存在がいなくなってしまったからだ。

マーカス・ラッシュフォードがここまで頑張っている印象だが、マルシャルはもともと優れた点取り屋であり、それはデビューしたリバプール戦で十分すぎるほどに証明されている。

2015年のシーズンではクラブを牽引するほどのゴールスコアラーとなっていたため、9番の役割を継ぐにはラッシュフォードではなくマルシャルのほうが適役なのである。

 

2.ダビド・デヘア

今シーズンだけではない。

これまで脆弱な守備陣にとっての唯一の砦となり、幾度となくチームを救ってきたまさにマンチェスター・ユナイテッドの英雄がこのスペイン代表ダビド・デヘアだ。

デヘアはスペイン代表やクラブでミスを犯したことでその実力に疑問を呈する人間がたまに出てきてしまう。

試合を見れば彼の影響力は絶大なのにもかかわらずだ。

その優れたシュートストップは今シーズンさらに相手チームにとって厄介なものになるはずだ。

なぜなら彼らはまずハリー・マグワイアとヴィクトル・リンデロフの壁を突破しなければならないのだから。

1.ハリー・マグワイア

今夏の移籍市場にて大成功と呼ばざるを得ない、世界最高額のディフェンダーだ。

レスター・シティで見せた実力は本物であり、リバプールのフィルジル・ファンダイクのように今シーズンのマンチェスター・ユナイテッドの守備を大いに変える可能性がある。

ヴィクトル・リンデロフはまだまだ改善の余地があるディフェンダーであり、マグワイアと共にプレーすることで彼自身も良い影響を受けることができるはずだ。

何よりマンチェスター・ユナイテッドには最後尾にクラブの守り神とも言えるダビド・デヘアが構えている。

シーズンが終わった後、必ずマグワイア獲得は大成功だったと皆が口をそろえて言うだろう。




転載元:
http://keny-premierleaguerumor.blog.jp/archives/1837686.html

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。