写真 :Getty Images

日本代表の東京五輪オーバーエイジ候補のイチオシは本田圭佑

2020年に開催される東京オリンピックの注目種目のサッカー。

1968年のメキシコ大会以来のメダルを目指して万全の体制を整える日本サッカーですが、メンバー選考で特に気になるのがオーバーエイジが誰になるのか?

今回は個人的視点と希望的観測がはいった日本代表オーバーエイジ候補について書いてみようと思います。

この記事の目次

  1. オリンピックのオーバーエイジって何?
  2. 個人的な東京五輪オーバーエイジ候補は?
  3. 現実的な東京五輪オーバーエイジは?
  4. まとめ

 

オリンピックのオーバーエイジって何?

まずは念のためオーバーエイジって何?という人のために・・・

サッカーオリンピック代表のオーバーエイジとは、本来オリンピックの男子サッカーではU-23と言われるようにオリンピック開催年の前年の12月31日時点で23歳以下の選手に出場資格があります。

1996年のアトランタ五輪から24歳以上の選手が3名まで起用可能になり、この24歳以上の3名のことをオーバーエイジと言います。

しかし、選手が所属するクラブチームにはFIFAの開催する大会ではないオリンピックに対して選手の派遣義務はないため前回大会の久保選手のようにクラブの派遣拒否が発生しているという状況です。



1/4 ページ


転載元:
https://soccermovie.link/2019/08/06/tokyoolympicoverage/

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。