写真 :Getty Images

スティーブン・リードのボールが飛び続けたら

① 飛距離の公式

なんにせよ、初速度(v)と打ち出し角度(θ)が分からなければ話にならない。重力加速度(g)は9.81m/s^2とする。(頭がああああああああ!!!)

その上で滞空時間(t)、到達高度(h)、到達距離(l)を算出する。その際の公式は以下である。

よし、分からん。

高校物理はブックオフに置いてきた。なにくそ根性で叩き出す。

 

② 発射角度:計算計算♪(無視してください)

ボールはポストの高さ2.44メートルの少し下で突き刺さっているが、ボールにはバックスピンがかかっている関係でキーパー手前でマグヌス効果が発動。

ホップアップしているため、直線に飛べば少し下にいったと思われる。

分かりづらすぎるので、ペナルティーマーク(PKを打つ点)付近で顔の横をかすめ、あわや顔面が陥没しかけたDFを基準にする。身長は180cmと仮定して考える。

ペナルティースポットからペナルティーアークまでは9.15mなので、高さ1.8m・底辺9.15mの三角形から打ち出し角度を求めると、tanθ≒0.20なので発射角度は大体11.34度。(マグヌス効果は以下。テストに出ます。)



2/4 ページ


転載元:
https://note.mu/riosam_official/n/n3c1167419010?creator_urlname=riosam_official

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。