写真 :Getty Images

マンチェスター・ユナイテッドがルカクの売却を後悔する理由3つ

マンチェスター・ユナイテッドはプレミアリーグの移籍市場が閉まるデッドラインデーに非常に大きな取引を行った。

ただし、獲得ではないが。

大型FWであるロメル・ルカクを7,200万ポンドという金額で移籍が噂されていたインテルへ売却したのだ。

本人の強い希望もあり、既にクラブとは決裂していたというがショックを受けたマンチェスター・ユナイテッドファンも多いのではないだろうか。

レッドデビルズはルカク抜きで今シーズンを戦う必要があるが、おそらく時間が経つにつれこの移籍を後悔することになるだろう。

そこで今回はSportkeedによるマンチェスター・ユナイテッドがルカク売却を後悔する理由3つを紹介しよう。

 

1. ルカクはマンチェスター・ユナイテッドの得点源だった

ルカクはマンチェスター・ユナイテッドの2年間で27ゴールを挙げていた。

ルイス・スアレスやウェイン・ルーニーのようなゴールスコアラーにはなれないかもしれないが、それでもルカクは常に相手ゴールを脅かし続けることのできる存在であった。

何より問題なのはルカクよりも得点力があり、常に怖い存在で居続けることのできる選手が見つかっていないのだ。



1/2 ページ


転載元:
http://keny-premierleaguerumor.blog.jp/archives/1508906.html

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。