写真 :Getty Images

今夏、2人はなぜ歓迎ムードではないのか【マニア向け】

夏の移籍マーケットが閉じようとしている。

この時期滑り込みでとんでもない移籍があったりするものだ。

既にクローズしたプレミアリーグでは、ダビド・ルイスのチェルシー→アーセナルという禁断の移籍が成立。完全に斜め上を通り過ぎるニュースだった。

本人が望む形で、望んだ時期に、望むチームへ移籍する。全てが叶っている場合、選手、チーム、代理人の間で話をする過程で折合いがついたりして、最後どううまく後腐れなく「着地」するかまで考えられている。

さて、もう既にどう転んでも着地が失敗する、あるいは失敗したのが下記である。

この記事の目次

  1. グリーズマンのケース
  2. ネイマールのケース
  3. まとめ


1/4 ページ


転載元:
https://note.mu/riosam_official/n/nd72666820fa7?creator_urlname=riosam_official

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。