写真 :Getty Images

ビッグ6を退けてCL出場権を獲得しろ!~ウルブス編~

イングランドリーグの2部、チャンピオンシップ。

ご存知の通り、チャンピオンシップでの戦いの結果1部リーグであるプレミアリーグへ昇格することが可能だ。

ただし、昇格組と呼ばれるチームは残留するのにも精いっぱいなのが現状だ。

それも仕方がない。

資金力はプレミアリーグのクラブたちと比べると少なく、選手層がどうしても薄くなってしまうのだ。

そんなチャンピオンシップから昇格して残留はおろかトップ6のチームたちを脅かし続けたチームが2018年に登場した。

ウルブスことウォルバーハンプトンである。

昇格組と思えぬ強さでプレミアリーグで旋風を巻き起こし、大物食いをして見せたのだ。

結果、ウルブスはヨーロッパリーグまであと一歩という7位でシーズンを終えた。

今シーズンはその充実したスカッドに更なる力を入れてトップ6はおろかチャンピオンズリーグ出場権内まで狙ってくる可能性がある。

今回はそんな彼らの秘密とチャンピオンズリーグ出場権を獲得できる理由をご紹介しよう。

 

この記事の目次

  1. ヌーノ監督
  2. メンデスコネクション
  3. 洗練された戦術と動き
  4. 個々の選手のクオリティの高さ


1/3 ページ


転載元:
http://keny-premierleaguerumor.blog.jp/archives/1691905.html

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。