写真 :Getty Images

19-20 マンチェスター・ユナイテッドの戦い方~開幕直前スペシャル~

こんにちはMasaユナイテッドです。

いよいよ開幕戦のチェルシー戦が12日(現地11日)に迫ってきました!

今回は開幕直前スペシャルということで、プレシーズンマッチから見える、ユナイテッドの今シーズンの戦い方を分析、解説したいと思います。ではいってみましょう!

この記事の目次

  1. スカッドの状況
  2. 予想フォーメーション
  3. 戦術
  4. まとめ

 

1.スカッドの状況

現在のファーストチームに登録される可能性のあるのは上記の32名。プレミアリーグの登録人数は25名だが21歳以下(1998年1月1日以降の産まれ)の選手は25名にカウントされず、無制限に登録可能なのでU-21の6名を省くと26名になる。

プレミアの移籍市場は閉まったがまだ他リーグへの放出は可能なので、ダルミアンやロホなどの退団や、若手のローン移籍はあり得る。というか最低1名は放出、もしくは登録外にしないといけない。

ホームグロウンの選手は15名おり、外国人枠は17名に対して11名と、まだ余裕のある状況。平均年齢は25.3歳で、スールシャール政権になってかなり英国色が強く若いチームになった。

ポジション別に見てみると、GK4名、 DF13名、 MF11名、 FW4名となっており、DFの多さ、FWの少なさが目立つ。

ルカクが退団となった為、生粋のストライカーと呼べるのは1人もいなくなり、スカッドのアンバランスがさらに際立ってしまうことになった。逆にCBでプレー可能な選手が9名と異常に多い。ここは退団、もしくはレンタルでの放出が起こる可能性がある。

新加入と退団は以下の通り

【IN】
MF ダニエル・ジェームズ←スウォンジー(英2部)1,800万ポンド
DF アーロン・ワン=ビサカ←クリスタル・パレス 5,000万ポンド
DF ハリー・マグワイア←レスター・シティ 8,000万ポンド

【OUT】
FW ロメル・ルカク→インテル 7,400万ポンド(推定)
MF アルマン・フェライニ→山東魯能(中国1部)1,040万ポンド
MF アンデル・エレーラ→PSG フリートランスファー
DF アントニオ・バレンシア→LDUキト フリートランスファー
GK ディーン・ヘンダーソン←シェフィールド・U ローン移籍(再)

【アカデミー入団】
FW ディロン・フーゲワーフ(16)←アヤックスU-16
MF ハンニバル・メブリ(16)←モナコ



1/5 ページ


転載元:
https://note.mu/masachesterutd/n/n86ba215db95d?creator_urlname=masachesterutd

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。