写真 :Getty Images

19-20 マンチェスターU中盤のコンダクター ~スコット・マクトミネイ~

1.マクトミネイとは何者か?

コナミは先日、9月に発売される「eFootball ウィニングイレブン2020」の製品パッケージを公開した。

今作からマンチェスター・ユナイテッドのライセンスを取得したコナミは、なんとパッケージにスコット・マクトミネイを起用(他メッシ、ピャニッチ、ニャブリ)。

ユナイテッドと言えば、ポグバや、デ・ヘア、マタ、ルカクなどのビッグネームがまず思い浮かぶと思うが、他サポの方からしたら「はぁ?誰だよ??」と思われかねないマクトミネイの起用は、普段ゲームをしないユナサポの筆者でも少々びっくりした(笑)。しかし、ユナサポからしたら、「コナミ!よくわかってる!!」という方も多かったようだ。

スコット・マクトミネイは現在22歳。なんとわずか5歳の時からユナイテッドの下部組織に所属している。

アカデミー時代も着実にステップアップしていき、U-16時代にはマーカス・ラッシュフォードとともに10番のポジションで起用されたものの、その後は身体の強さを生かせる中盤にポジションが変わった。

16-17シーズンの終盤にプレミアデビュー。翌17-18シーズンからは当時の監督モウリーニョに評価され公式戦20試合に出場する。アレックス・ファーガソンも、モウリーニョにもっとマクトミネイを起用するように勧めた話は有名だ。

代表はイングランドの選択肢もあったが、祖父母のルーツであるスコットランドを選択。2018年3月に初招集されてからは主軸として活躍している。

プレースタイルに関して、一般的に言われるのは、“派手さはないが、堅実なプレーで中盤を支える”“感情を表に出さず、スペクタクルとは無縁”など、マクトミネイの特徴や、何が得意なのかを知ることは難しい。驚くべきパスや強烈なシュート、驚異的なスキルやハードなタックルを持っているわけではなく、シンプルなプレーを静かにうまくこなす選手というのが、トップチームで出場するようになった彼の印象だった方が多いと思う

2/4 ページ


関連記事