写真 :Getty Images

デッドラインまでにプレミアリーグへ上陸する可能性のある4人の選手

2.モイーズ・キーン

ユベントスの19歳の超新星だ。

若いながらも重要な局面で得点を決める心臓は素晴らしいの一言だ。16試合に出場して7ゴール1アシストを記録しており、これからも期待がされるがマンジュキッチとイグラインがいる以上キーンの出場機会が伸びるとは考えにくい。

そこで手を伸ばしているのがエバートンだ。

ジェイク・トスンは良いパフォーマンスを見せることができず、リシャルリソンに至っては中盤気味でプレーさせたほうがより良い。

モイーズ・キーンはマルコ・シウバにとって新しく、クオリティのあるオプションを提供してくれる貴重な選手となるだろう。

 

3.ブルーノ・フェルナンデス

スポルティングにおいて昨シーズン、53試合に出場し32ゴール18アシストを記録した怪物。

マンチェスター勢が獲得を狙っているという話だが、ブルーノ・フェルナンデスの値段は決して安くはない。

彼自身はイングランドでプレーすることを望んでおり、そのクオリティはチームの中盤に得点力とダイナミズム、創造性をもたらせてくれる。

他にもリバプールも獲得を狙っている。

しかし、はっきりしているのはブルーノ・フェルナンデスがスポルティングを去るということだ。

既にサポーターへ別れの挨拶を済ませているのだ。

非常に大きなオプションとなるゆえ、争奪戦が続いているが彼の移籍先は近日中にわかるだろう。

2/3 ページ


関連記事