写真 :Getty Images

19-20 マンチェスター・ユナイテッドが取り組むべき5つの課題

こんにちはMASAユナイテッドです。

開幕まであとわずかですね。ワクワクしてくるのと同時に、あと2週間しかなく移籍やチームの完成度が不安で焦る気持ちもあります(笑)。

今回のコラムはユナイテッドがシーズン開幕までに取り組むべき5つの課題について書いてみました。正直言うと課題は5つどころではないのですが・・・(笑)。では、いってみましょう!

この記事の目次

  1. 人員整理
  2. 新(副)キャプテンの選定
  3. 攻撃戦術の構築
  4. コンディション調整と走力
  5. ディフェンスの強化
  6. まとめ

 

1. 人員整理

スールシャール監督は4月の半ば頃、人員整理について「それは適者生存になるし、生き残りの戦いだ。我々は冷酷にいかなければならない。我々は、クラブを前進させることができる選手たちをここで必要としている」と語り、オフシーズンの選手の放出を示唆した。

しかし、7月24日現在退団したのは契約満了となったアンデル・エレーラとアントニオ・バレンシアの2名だけ。冷酷な選手の査定が出来ているとは思えない状況だ。

私はユナイテッドファンなので、今いる選手は全員思い入れがあり、出て行って欲しい選手は一人もいないが、明らかに戦力になっていない選手もおり、またスカッドのバランスも良いとは思えないのが現状だ。

売りたいのに売れないのか、そもそも売りに出していないのか定かではないが、開幕まで3週間を切ってまだ新戦力が2名ほど加わるとすればスカッドはさらにダボつくことになる。売却が不可能ならば、レンタルという選択肢も出てくるだろうが、いずれにせよ放出は必要だろう。

誰が出ていくかという事になるが、筆者が思うのは、ダルミアン、ロホ、ポグバ、サンチェス、ルカクの5名。

しつこいようだが、私は出て行ってほしいわけではない(笑)。この5人に関しては出ていく理由があると考えている。

ダルミアンは、イングランドフットボールに適応できなかった。イタリアに戻らせてあげたい。まだまだイタリアでやれるはず。

ロホはラテン組のムードメーカーで、スールシャールにも今期の戦力と考えていると言われているようだが、如何せん“やらかし”と負傷癖で稼働率が悪い。

ポグバに関しては、別でコラムを書いているのでここでは割愛する。

サンチェスもまだ復活の可能性は残っているが、やはりその週給50万ポンドは今のユナイテッドの癌となっている。

最後にルカクだが本人が出ていきたい上にスールシャールからの信頼も薄い。最も退団に近いのはルカクだろう。



1/5 ページ


転載元:
https://note.mu/masachesterutd/n/n936c2caad9b7?creator_urlname=masachesterutd

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。