写真 :Getty Images

【戦術】なぜ「トップ下」は死に絶えたのか(マニア向け)

「代表的なトップ下の選手を一人挙げてください」

パッと誰が思いついただろうか。

中盤から引いてボールを受けてドリブルやパスを使って前線へ効果的にボールを供給しつつ、場合によっては得点する攻撃の中核。

プレーエリアはファイナルサード。5レーン理論で言えばハーフスペースとセンター付近。

監督の役割はひとまずバイタルエリアに侵入させる戦略を組むこと。

別名シャドーストライカー・・・。

文字に起こすとなんか凄いスペシャリストに見える。ただ冷静に見てみよう。これ「トップ下」だけの仕事じゃないよな?

この記事の目次

  1. 衝撃のダニエウ・アウベス
  2. もはや「トップ下」はエリア名にすぎない
  3. 高速化する現代サッカー
  4. 総評

 

① 衝撃のダニエウ・アウベス

コパアメリカのブラジル代表の試合、36歳の彼はとんでもないプレーを連発していた。

本職の守備を完璧にこなしながら、ボールを持ってバイタルエリアまで持ち上がり、相手の守備を抜き、必要があれば右サイドから中央まで斜めにボールを運び、サイドにボールを散らして攻撃の起点になっていた。その上でカウンターを喰らおうものなら本職モードで猛然と戻った。「なんでそんなところにいるんだ」という位置どりの連発。しかもそれが全て効果的であり、先述したトップ下の動きと類似していた。

コパアメリカでブラジル代表キャプテンとしてプレーし優勝に導く【Getty Images】

DAZNで実況解説の戸田さん、下田さんペアも「もうこれ・・・サイドバックって言うのやめましょうかね・・・」「ポジション『ダニエウ・アウベス』って呼びますか・・・」苦笑気味で完全に困惑していた。

ただ、彼は偽9番をフルに使ったゼロトップ戦術時代のペップバルサでサイドバックから攻撃するという戦術的経験と、現在トゥヘルの下で5レーン理論による試合中の変則ポジションを体感している。その上でこの試合を通し、現代サッカーにおける攻撃の最適解を示していた。



1/3 ページ


転載元:
https://note.mu/riosam_official/n/nc3f9a8364725?creator_urlname=riosam_official

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。