写真 :Getty Images

【戦術】(脳筋)インテルの3バックが面白い説

コンテ招聘後の試合を見て思った。

インテルで採用を目論んでいる3バックが攻撃に振り切りまくっていてめちゃくちゃ面白いサッカーになっている。

この記事の目次

  1. 思い出されるチェルシー時代
  2. インテルの場合
  3. 総括

 

① 思い出されるチェルシー時代

「中盤空洞化」と聞いてピンとくる人は相当な戦術マニアだろう。

フィールドプレーヤーを後方5枚と前線5枚に完全に分断し、中盤を空洞化させるリスクを伴いながら驚異の「5トップ」を実現させるスーパー脳筋戦術である。

守備時、デフォルトで3バックを形成しているところへ両サイドでウイングバック(WB)のような位置にいる2人を合流させて急増5バックを形成。

守備的なMF2人を加えてラインは2列用意。リトリート時挟み込めるようにするとともに引いて守った時にシュートが直接枠に飛ぶ割合を軽減する。さらに守備の間を潜って侵入してくる相手を守備的MFの2人(チェルシー時代はマティッチとカンテ)が潰すというゴリゴリ超王道の守り方だ。

「人がいればシュートは防げる。体当ててでも止めろ。入ってきたら潰せ。」ということだ。しかもこれだけいれば、相手が崩すために縦パスを放り込んできてもまず誰かがカットできる可能性が高い。

攻撃時、偽WB(?)が攻撃に合流し、5トップを形成する。前線へのボール供給は基本的に長距離のロングフィード頼みになるため、チェルシーの場合はマティッチが前へ出てパスを出せばカンテがカバーするように動く。

ここでいうカバーとは、仮にロングフィードがクリアされて戻ってきた場合や、パスミスで跳ね返ってきた場合、5トップを維持したまま次の攻撃にすぐ入れるようボールを回収することである。すなわち「パスを渡せる相手が5人もいるんだから誰かに供給しろ。あとは数の暴力と勢いで決める。失敗したら拾ってやり直せ。」ということである。基本原則が簡単すぎて気持ちよすぎる。



1/2 ページ


転載元:
https://note.mu/riosam_official/n/n80ba7afd779d?creator_urlname=riosam_official

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。