写真 :Getty Images

19-20 ラ・リーガ移籍情報まとめ【8/5更新】

Writerサッカークラフト編集部

スペインリーグ3強を中心に移籍情報を更新していきますので、ぜひチェックしてみてください。

  1. バルセロナ
  2. アトレティコ・マドリード
  3. レアル・マドリード

 

バルセロナ

ジュニオル・フィルポ(←ベティス/完全移籍)

U-21スペイン代表サイドバック。移籍金1,800万ユーロ+インセンティブ1,200万ユーロ。契約期間は2024年まで。

 

アントワーヌ・グリーズマン(←アトレティコ・マドリード/完全移籍)

あわせて読みたい:詰んでいる? バルセロナは来季以降どうする

安部 裕葵(←鹿島アントラーズ/完全移籍)

 

フレンキー・デ・ヨング(←アヤックス/完全移籍)

2019年1月に2019-20シーズンからバルセロナへの加入が発表された21歳のオランダ代表MF。移籍金は最大で8,600万ユーロ(約107億円)になる。

ノルベルト・ムラーラ・ネト(←バレンシア/完全移籍)

控えGKシレッセンと入れ替わる形でバレンシアから加入のブラジル人GK。控えGKに回る代わりに年俸がバレンシア時代の倍になることを条件にバルセロナに移籍。

 

エメルソン(←アトレチコ・ミネイロ[ブラジル]/完全移籍)

NEXTダニエウ・アウベスの呼び声高い20歳のブラジル人サイドバック。移籍金は1,200万ユーロ(約15.4億円)。



1/3 ページ


関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。