写真 :Getty Images

19-20 欧州日本人選手移籍情報まとめ【8/31更新】

Writerサッカークラフト編集部

2019-20シーズン夏の移籍市場における、日本人選手の欧州リーグへの移籍や、Jリーグへの復帰などの情報を随時更新していきますのでチェックしてみてください。

なお、こちらに掲載する情報はクラブの公式発表を元にしております。

 

食野 亮太郎(マンチェスター・シティ→ハーツ[スコットランド1部]/ローン移籍)

 

堂安 律(フローニンゲン→PSV/完全移籍)

 

久保 建英(レアル・マドリード→マジョルカ/ローン移籍)

 

伊藤 達哉(ハンブルガーSV→シントトロイデン[ベルギー]/完全移籍)

 

遠藤 航(シントトロイデン[ベルギー]→シュツットガルト[ドイツ2部]/ローン移籍)

 

食野 亮太郎(ガンバ大阪→マンチェスター・シティ/完全移籍)

 

香川 真司(ドルトムント→サラゴサ[スペイン2部]/完全移籍)

 

 

浅野 拓磨(アーセナル→パルチザン・ベオグラード[セルビア]/完全移籍)

 

北川 航也(清水エスパルス→ラピッド・ウィーン[オーストリア]/完全移籍)

 

小池 龍太(柏レイソル→ロケレン[ベルギー2部]/完全移籍)

 

岡崎 慎司(レスター→マラガ/フリートランスファー)

プレミアリーグ、レスターとの契約満了に伴い、フリーとなっていたが、スペイン2部のマラガに移籍が決定。

 

乾 貴士(ベティス→エイバル/完全移籍)

かつてプレーしたエイバルに完全移籍で復帰。契約期間は2022年までの3年間。現地メディアによると、移籍金は200万ユーロ(約2億4,000万円)。

前田 大然(松本山雅FC→CSマリティモ[ポルトガル]/ローン移籍)

 

中村 敬斗(ガンバ大阪→トゥエンテ[オランダ]/ローン移籍)

 

鈴木 優磨(鹿島アントラーズ→シント=トロイデン[ベルギー]/完全移籍)

 

柴崎 岳(ヘタフェ→デポルティーボ・ラ・コルーニャ/完全移籍)

あわせて読みたい:東京オリンピックサッカー日本代表に推薦したい3名のオーバーエイジ

安部 裕葵(鹿島アントラーズ→バルセロナ/完全移籍)

冨安 健洋(シント=トロイデン[ベルギー]→ボローニャ[セリエA]/完全移籍)

 

安西 幸輝(鹿島アントラーズ→ポルティモネンセSC[ポルトガル]/完全移籍)

中島 翔哉(アル・ドゥハイル[カタール]→FCポルト[ポルトガル]/完全移籍)

 

天野 純(横浜F・マリノス→ロケレン[ベルギー]/ローン移籍)

久保 建英(FC東京→レアル・マドリード/完全移籍)

日本サッカー界の至宝が遂に欧州復帰。

移籍先はカンテラ時代を過ごした古巣バルセロナではなく、ライバルであるレアル・マドリード。1年目はBチームであるレアル・マドリードカスティージャでプレーする予定だ。

あわせて読みたい:バイエルン戦に見る久保建英、本当の現在地(1/2)

バイエルン戦に見る久保建英、本当の現在地(2/2)

シュミット・ダニエル(ベガルタ仙台→シント=トロイデン[ベルギー]/完全移籍)

菅原 由勢(名古屋グランパス→AZ[オランダ]/ローン移籍)



1/2 ページ


関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。