写真 :Getty Images

ファン・ダイクを超えられるか、クリストフェル・アイェルが持つ風格

フィルジル・ファン・ダイクはオランダからセルティックに渡り、サウサンプトンを経由してリバプールに辿り着いた。

セルティックでプレーしていたときからDFリーダーとして活躍し、今では世界最高のCBと呼ばれるクラスになった。

現在もスコットランドで無類の強さを誇るセルティックだが、シーズン中にブレンダン・ロジャーズがレスターに引き抜かれるアクシデント。

しかしニール・レノンに率いられ、相変わらずの強さを維持している。そんなセルティックのCBの中核にはファンダイクを超えるポテンシャルを持つプレーヤーがいる。

ノルウェー代表の21歳のクリストフェル・アイェルだ。

もともとノルウェーのIKシュタルトではセントラルハーフでプレーしていたアイェル。196cmの体格を生かした守備力に加え、ボールを持ち運ぶ力に長けており、攻撃でも能力を発揮していた模様。

17歳で既にチームの主力だった彼は、トップ下での出場やCFでの出場もあり、2015年シーズンは30試合で8ゴール4アシストを記録。更には17歳でキャプテンマークを巻くこともあったようだ。



1/2 ページ


転載元:
https://note.mu/mukielesta/n/nb6c5d124c359

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。