写真 :Getty Images

フンメルスのドルトムント復帰で来季のブンデスリーガは面白くなるだろう

来季のブンデスリーガに向けて先週大型移籍が敢行された。

FCバイエルンのマッツ・フンメルスが3年ぶりにドルトムント復帰する事が決定した。これはドイツで最も視聴されているARDニュース8時からの”Tagesschau”においてもスポーツ枠でなく、一般枠で見出しとなる程の注目度の高い移籍となる。契約は3年である。

1988年生まれのフンメルスは現在30歳、ドイツ代表70キャップを誇るドイツ屈指のCBだが、昨年以降衰えが指摘されている。現在ではドイツ代表も構想外となり、クラブでもその地位は安泰とは行かなくなってきた。

折しもFCバイエルンはCBにリュカ・エルナンデスというフランス代表を補強し、更にアラバ、キミッヒ、マルチネス、新たに加入するパヴァードといった面々もフンメルスのポジションを務める事ができる。それを考えれば、30歳で衰えの見えるフンメルスが押し出されるのは容易に想像できた。

更にドルトムントは非常に若いチームであり、フンメルスのような修羅場を潜り抜けた経験豊富な選手を必要としているのは明らかだった。フンメルスのツイートを読む限り、実際にかなりスムーズに話が進んだ事を窺わせる。

もっとも、この移籍に関しては当然反対意見もある。とりわけ、ドルトムントはこれまでも数名の選手をビッグクラブに放出し、それらの選手を後に買い戻した。ヌリ・シャヒン、香川真司、マリオ・ゲッツェなどがそれに当たる。そして、これらの選手はいずれもかつての輝きを取り戻せなかった。確かにこのうちゲッツェはまだドルトムントでプレーしているが、100年に1人の天才と言われた面影はない。フンメルスも同じ道を辿るのではないかという懸念がある。

更にドルトムントは3年前に全盛期のフンメルスを3,500万ユーロでFCバイエルンに売却し、衰えの見える現在になって3,800万ユーロで買い戻した。

常識から言えばこの商売に納得する人間はまずいない。そして、このあたりの商売上手ぶりもFCバイエルンの強さの秘訣でもあるだろう。ライバルチームの優秀な選手を買い漁るだけでなく、それを数年後ポンコツにして高く売りつける。そうやってブンデスリーガはバイエルンの一強状態が形成されていく訳だ。



1/3 ページ


転載元:
https://pomta.info/hummels-transfer-fcbayern-dortmund/

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。