写真 :Getty Images

東京オリンピックサッカー日本代表に推薦したい3名のオーバーエイジ

Writer今井 健永

世界的強豪ベルギーをあと一歩のところまで追い詰めた2018年FIFAワールドカップロシア大会が終わった後、あるテーマが世間の注目を集めた。

「今回のワールドカップメンバーから、誰が2020年東京オリンピックのオーバーエイジ枠に選ばれるのだろうか」というテーマである。

オーバーエイジ枠は必ず使わなければいけないわけではない。実際に、2008年北京オリンピックの時はオーバーエイジ枠を使わずに戦った。

予選を戦ってきたメンバーで最後まで戦い抜きたいという思いはわからなくはない。だが、北京オリンピックは結果的にグループリーグ3戦全敗。

大会後、多くの論者は「やはりオーバーエイジ枠を有効活用すべきだった」と嘆いた。以降、オーバーエイジ枠を使わなくても良いという論調はもはや無くなりつつある。

一方、選手としても自国開催のオリンピックに出たくないはずもなく、実際に本田圭佑や槙野智章、乾貴士などメディアを通じてオリンピックを狙う旨を発信する者もいた。

さて、ここからが本題だが、私がオーバーエイジ枠に推したい3名を挙げたいと思う。



1/3 ページ


関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。