写真 :Getty Images

レアル・マドリードの最強高速カウンターサッカーが復活!?

この記事のまとめ

  1. 2018-19シーズンに足りなかった部分
  2. 2019-20シーズンの強み
  3. 高速カウンターの最後のピースは?
  4. 2019-20最強フォーメーション予想

 

失意の2018-19シーズンを過ごしたレアル・マドリード。

あまりに大きかったロナウドロスとジダンロス。

失われた高速カウンターアタック。

そしてレアルマドリードの黄金期を支えた選手たちの迷走。

そんなレアル・マドリードに2019-20シーズンは希望があります。

それはレアル・マドリードの代名詞の最強高速カウンタースタイルの復活です。

 

2018-19シーズン、レアル・マドリードに足りなかった部分

2018-19シーズンでレアルマドリードに足りなかった部分を挙げると以下の3点になると思います。

  • 世界最高のサッカー選手であり圧倒的スーパースター
  • ロナウド並みのゴールハンター
  • カリスマ監督

圧倒的なスーパースター

クリスティアーノ・ロナウドという圧倒的スターを失ったレアル・マドリードではマルセロ、モドリッチ、セルヒオ・ラモス、ベンゼマ、ベイルなどのスーパースターはたくさんいますが、2018-19シーズンのレアル・マドリードには圧倒的な誰もが認めるスーパースターは存在しませんでした。

レアル・マドリードには世界最高の選手が一人必要なのです。

ゴールハンター

これまたロナウドロスが影響。ベンゼマはたしかに良いフォワードですが、ゴールを決める力ではロナウドと比較すると劣ります。

ベイルはレアルファンの大きく裏切る結果となってしまい、ゴールを補うために攻撃参加したセルヒオ・ラモスがサッカーキャリア最高のシーズン通算得点を記録するということにつながりました。

その代償として守備のバランスが崩れてしまったのでしょう。

カリスマ監督

ジダン監督のあとを継いだロペテギ監督はシーズン途中で解任され、クラブレジェンドのソラーリ監督によって一時上昇に転じるかと思われましたが、類まれなカリスマ性があるジダン監督の影は大きく、結果的にジダン監督が復帰することに。

スーパースター軍団が認めるカリスマ性を持つことがレアルの監督として必要な要素ということを再確認することに。



1/4 ページ


転載元:
https://soccermovie.link/2019/06/08/post-1255/

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。