写真 :Getty Images

18歳久保建英日本代表デビュー!世界の18歳代表デビュー組が超豪華

この記事のまとめ

  1. ポルトガル代表デビューのクリスティアーノ・ロナウド
  2. アルゼンチン代表デビューのリオネル・メッシ
  3. 日本代表デビューの小野伸二
  4. 日本代表の若き豪華攻撃陣は未知なる可能性を秘める

 

2019年6月9日に行われたキリンチャレンジカップ2019の日本代表対エルサルバドル代表の試合で元バルセロナということで注目されていた久保建英選手が18歳5日で日本代表史上2番目の若さで日本代表デビューを飾りました(Jリーグ開幕以降日本代表史上最も若いのは市川大祐選手の17歳322日)。

今回は久保建英選手と同様に18歳で代表デビューを飾った選手たちが豪華すぎるので一例をまとめてみます。

 

クリスティアーノ・ロナウド ポルトガル代表デビュー

写真はEURO2004のもの

バロンドール獲得回数が5回で歴代1位タイのポルトガル代表FW。以前所属したレアル・マドリードではCL3連覇などを達成し、世界最高のサッカー選手と評される現ユベントス所属のクリスティアーノ・ロナウド。ポルトガル代表デビューは18歳の時のカザフスタン戦(2003年8月20日)。

 

リオネル・メッシ アルゼンチン代表デビュー

写真は2006年ドイツワールドカップのもの

バロンドール獲得回数5回とクリスティアーノ・ロナウドと並んで歴代1位タイ。バルセロナでは不動のエースとして説明の必要がないくらいの大活躍を見せているリオネル・メッシ。

最高のサッカー選手はだれか?という問いにクリスティアーノ・ロナウドとリオネル・メッシで意見が分かれるメッシですが、アルゼンチン代表デビューは18歳の時のハンガリー戦(2005年8月17日)。

 

小野伸二 日本代表デビュー

写真は2001コンフェデレーションズカップのもの

一部では日本サッカー史上最高の天才とも評される現在北海道コンサドーレ札幌に所属する小野伸二選手。日本代表デビューは18歳の時の日韓ワールドカップ共催記念試合の韓国戦(1998年4月1日)。

ちなみに小野選手はフランスワールドカップのジャマイカ戦で18歳にしてワールドカップデビューも飾りました。これは今でも日本代表最年少ワールドカップ出場記録となっており、今後も更新される可能性は低い記録です。



1/3 ページ


転載元:
https://soccermovie.link/2019/06/10/post-1274/

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。