写真 :Getty Images

Jリーグと欧州サッカー~それぞれの違いや魅力・特徴を解説~

この記事ではJリーグや欧州リーグの違いについて解説しています。

サッカーはいろんな国で独自の発展をしていますが、それぞれの魅力や特徴を知ることによって、サッカーの楽しみ方の幅が広がります。

サッカーのリーグ戦

サッカーのリーグ戦は非常に長い期間で行われます。

そして、他のスポーツに比べてチーム数が多いのもプロサッカーリーグの特徴です。

試合も自分達のホームスタジアムで1試合、対戦相手のスタジアムに乗り込んでの1試合と、計2試合をそれぞれのチームとこなしていきます。

順位を決める勝ち点

大体どこのリーグでも18チーム以上は存在しますから、最低でも34試合はサッカーの試合が行われることになります。

その中で順位を決めるのは”勝ち点”と呼ばれるポイントです。

この勝ち点が多いチームから順に上位に入っていくのがサッカーのリーグ戦の基本的なルールとなっています。

勝ち点は1試合に勝った場合に3ポイント、試合が引き分けだった場合は1ポイント、負けた場合は0ポイントという感じでポイントを積み上げていきます。

得失点差

特徴としては”何点差”で勝っても(引き分けても)得られるポイントは変わりません。

3−0で勝っても、1−0で勝っても、得られる勝ち点は3ポイントということになりますね。

ただ、状況によっては”同じ勝ち点でチームが並ぶ”ことがあるんですけど、その場合は得失点差で優劣をつけます。そのため、できるだけ失点が少なく、より多くのゴールを奪ったチームが有利となります。

昇格・降格

プロサッカーリーグはいくつかの階層に分かれています。1部リーグ、2部リーグ、3部リーグ、、、みたいなイメージですね。

ちなみに1部リーグの方がその他のリーグに比べ格上の存在となり、知名度や収益性が格段にいいですから、どのチームも1部リーグで戦いたがります。そして、それを決めるのがチームの昇格・降格制度になります。

1年間(実際は8~9ヶ月)戦い続けてきたリーグ戦の結果をもとに、1部リーグでは成績の悪かった下位3チームが2部リーグへ降格。逆に2部リーグでは成績の良かった3チームが1部リーグへ昇格、といったイメージになりますね。

まあ、実際この昇格・降格はリーグによって微妙にシステムが変わってくるんですが、大体下から3チームぐらいは来シーズンから下のリーグに降格することが多くなっています。

降格争いも盛り上がる

サッカーのリーグ戦ではオーソドックスに優勝争いも当然盛り上がるんですが、こういった形で降格争いもかなり痺れる戦いを披露してくれます。

ホントに降格が見えてくると、ファンからのプレッシャーはかなり強くなりますし、監督が途中で解任されたり、選手たちが死に物狂いで戦ったりしますね。

1年かけて長い戦いを繰り広げていきますが、どの試合も勝ち点を落とせない重要な試合になります。

というわけでここからはJリーグや欧州サッカーリーグの特徴やその違いについてまとめていきます。

リーグが行われる国そのものが違うことによって、リーグのシステムのみならず、サッカーの特徴まで変わってくるのがリーグ戦の面白いところです。



1/7 ページ


転載元:
https://sakarevi.site/soccer-league/

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。