写真 :Getty Images

ポチェッティーノはトッテナムを去ってしまうのか

この記事のまとめ

  1. 退任を示唆する発言の真意とは?
  2. スパーズファンの思う所は?

 

にわかに浮上したマウリシオ・ポチェッティーノの退任報道。

その出どころは本人から。監督の真意はどこにあるのでしょうか。

 

違った仕事をすることになる

アヤックス戦の2ndレグを前にしたインタビューにて、初めてポチェッティーノから退任を示唆するような発言が飛び出しました。

「チャンピオンズリーグを制覇すれば、これまでの5年間に区切りをつけて、家に帰ることになるだろう」

これに対し「それはクラブを去るということか」と質問した記者に「会長と話をして、これまでとは異なる仕事をすることになるだろう」と回答していました。

昨年の5月に現行の契約を延長し、2023年まで任期を伸ばしている。これまでの実績や発言を見ていても、しばらくは在任するものだとみんなが思っていたはず。

そんな気持ちが揺らぐことになったのは、おそらくチャンピオンズリーグでの躍進から。結局1年を通じて一人も新戦力を加えることができない中、初のCLファイナル進出はまさに偉業。

先の発言を受けて、ポチェッティーノは進退について自らの考えを述べてくれています。箇条書きでまとめてみるとこんな感じ。

  • 就任してからの5年間は、トレーニング施設や新しいスタジアムへの投資をし、クラブの土台を作る期間だった。
  • これまでのやり方のままに毎年チャンピオンズリーグを勝ち進むことを求められて行くのはあまりにも難しい。
  • この先5年、10年に向けた計画を立てて行く必要がある。
  • 明確な目標や、それを達成する方法がないままに、次の章を歩み始めることはできない。

補強を認められない状況で結果を出してしまったことが、当たり前だと思わないで欲しいという、これは警告です。



1/2 ページ


転載元:
http://spursnavi.com/column-061/

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。