写真 :Getty Images

ドイツサッカー史上屈指の名将に近づきつつある、ユルゲン・クロップ

今年のチャンピオンズリーグはドイツ勢は全て16強で敗退、ブンデスリーガこそ今日の最終節まで優勝の行方は分からなかったが、首位決戦でバイエルンがドルトムントを一方的な内容で蹂躙したことで極めて緊迫感が萎えた。つまり、私にとって今シーズンのサッカーはほぼ終わったコンテンツだった。

しかし今シーズンの佳境、チャンピオンズリーグの決勝を前にして一際脚光を浴びるドイツ人監督の存在を忘れてはなるまい。それは言うまでもなくFCリバプール監督、ユルゲン・クロップである。

クロップ率いるリバプールはチャンピオンズリーグ準決勝FCバルセロナ戦の1stレグを0−3で敗北し、敗退は決定的な状況になった。しかし7日に行われた2ndレグで4−0で勝利するという奇跡の大逆転劇で2年連続で決勝進出を決めた。

クロップは既にブンデスリーガで低迷するドルトムントを2年連続で優勝に導いた手腕を持ち、更には2013年に同チームをチャンピオンズリーグの決勝まで導いた。2015年にはプレミアリーグで中位に沈むリバプールの監督に就任、今年は1ポイント差で優勝こそ逃したものの、先に挙げたチャンピオンズリーグは決勝に進出している。

その実績だけでも、現代ドイツ最高の監督である事は間違いない。かつてドルトムントに所属した香川真司の恩師として、日本でも馴染みのある監督の筈だ。

 



1/4 ページ


転載元:
https://pomta.info/football-manager-juergen-klopp/

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。