写真 :Getty Images

ヨーロッパリーグ準決勝考察 -フランクフルトvsチェルシー-

この記事のまとめ

  1. ELはCLよりも実は面白い?
  2. 両チームの戦い方を考察
  3. 過去の対戦成績は?

 

ヨーロッパリーグもいよいよ大詰め。

実はチャンピオンズリーグよりもこっちのほうが面白いんじゃないかと思うフシがある。

チャンピオンズリーグは常連チームの手堅い戦法を受け入れた上で、どう試合を制していくかにフォーカスが当てられる。

それに対して、ヨーロッパリーグは常連チームの概念がそれほどなく「ガンガン行くぜ」スタイルで挑むチームが多いため、オープンな戦いになりがちなのと後半アディショナルタイムまで目の離せない展開になることが多い。

 

準決勝に進出したチームは、フランクフルト、チェルシー、アーセナル、バレンシア。

やはりチャンピオンズリーグ同様ヨーロッパリーグでもプレミアリーグ勢が2チーム残っている。

しかし、今回のベスト4の顔ぶれは大本命のチームがないというのが特徴的だ。どのチームにも優勝できるポテンシャルを秘めている。

チャンピオンズリーグの考察に引き続き、ここからはヨーロッパリーグ編として「フランクフルトvsチェルシー」のマッチアップを見ていきたいと思う。

CL準決勝バルセロナvsリバプールの考察についてはこちら

CL準決勝トッテナムvsアヤックスの考察についてはこちら



1/4 ページ


転載元:
https://footidiota.amebaownd.com/posts/6108531

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。