写真 :Getty Images

ラキティッチの進化が止まらない、万能MFの凄さを語る【後編】

この記事のまとめ

  1. バルベルデがラキティッチを中盤のキーにする理由
  2. ラキティッチに課せられた新たなタスク
  3. デ・ヨング獲得でラキティッチの去就は?

 

こんにちは!ラキティッチの記事、後編です。前編ではルイス・エンリケ監督指揮下のラキティッチの重要性、さらに彼の長所について書きました。

前編はこちらから!

それでは後編、行ってみましょー!

バルベルデバルセロナの心臓

1つ興味深いデータがあります。データサイト『Whoscored』を眺めていると、バルベルデのバルセロナを象徴するような以下の数字がありました。

FCバルセロナ、2013-14シーズンから2018-19シーズン(リーガ)の90分当たりのパス本数トップのMF

  • 2013-14(マルティーノ) シャビ 102本
  • 2014-15(ルイス・エンリケ) シャビ 90本
  • 2015-16(ルイス・エンリケ) ブスケツ 75本
  • 2016-17(ルイス・エンリケ)イニエスタ 76本
  • 2017-18(バルベルデ) ラキティッチ 79本
  • 2018-19(バルベルデ) ラキティッチ 85本

※今シーズン33節終了時点
※極端に出場機会の少ない選手は省いています。

まず目につくのは2013-14シーズンと比べた2014-15シーズンのシャビのパス本数激減ですね。ルイス・エンリケの就任でスタイルが変わった影響がモロに出ています。シャビが退団した2015年以降2シーズンはブスケツとイニエスタのカンテラ出身の2人が1位でしたが、バルベルデが監督を務めているこの2シーズンはラキティッチが最も多くパスを出した選手になっています。

これ凄いデータですよね。ブスケツやアルトゥールのイメージが強い方が多いかと思いますが、バルベルデバルセロナで最もボールに絡んでいるのはラキティッチと言えるのかもしれませんね。この数字が全てを物語ってくれるわけではありませんが、バルベルデがラキティッチを中盤のキープレーヤーとして据えていることを示す1つのデータだと思います。



1/4 ページ


転載元:
https://hikotafootball.hatenablog.com/entry/2019/04/25/123559

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。