写真 :Getty Images

【残留は見えたか】バーンリーの魅力について語る

この記事のまとめ

  1. バーンリー指揮官の哲学とは
  2. チームに浸透した3つのルール
  3. データから見るバーンリーの戦術

ショーン・ダイク

プレミアリーグのバーンリーを率いる監督である。

彼は2012年10月よりバーンリーを長らく指揮している言わば功労者だ。

就任以降チャンピオンシップ中堅だったチームに新しい風を吹き込み、翌シーズンにはプレミアリーグ昇格を果たす。

プレミアリーグ初年度は数多のプレミアリーグの洗礼を受けて1シーズンでチャンピオンシップにとんぼ返りを喰らうが、降格の翌年にはチャンピオンシップで優勝。

2016-17シーズンより再びプレミアリーグの地へ戦いの場を移し、紆余曲折を経て現在に至る。

プレミアリーグとチャンピオンシップの行き来の激しい印象を持っていたバーンリーだが、ここ数年でのバーンリーの評価は高くプレミアリーグにすっかり定着している。

2017-18シーズンには最高順位となるプレミアリーグ7位でシーズンを終え、今シーズン序盤にはヨーロッパリーグのプレーオフまでチームを成長させた。

それもすべてショーン・ダイクの哲学があってのことだと私は考える。

彼らから漲るエネルギッシュさが注がれたフットボールには他のチームにはマネのできないものを感じられる。

今回そんなダイク率いるバーンリーの特徴をご紹介し、彼らの哲学に触れたいと思う。



1/4 ページ


転載元:
https://footidiota.amebaownd.com/posts/6069187

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。