写真 :Getty Images

ロジャーズが獲得した選手たち③

Writerとたん

ブレンダン・ロジャーズがレスター・シティの監督に就任し、2015年にリバプールを離れて以来のプレミアリーグ復帰を果たしました。それを記念して、ロジャーズがリバプールに連れて来た選手たちについて、①~④にまとめて紹介。

①⇒ロジャーズが獲得した選手たち①

②⇒ロジャーズが獲得した選手たち②

第3弾の今回は、19人目の補強となった選手から紹介。(年齢は2019年4月12日時点)

 

ケヴィン・スチュワート

  • 生年月日:1993年9月7日
  • 年齢:25歳
  • ポジション:MF
  • 代表歴:なし

2014-15シーズンにトッテナムから加入。リバプール加入について『幼い頃の夢だった。』とコメント。下部リーグのクラブへのローン移籍ののち、2016年1月8日のFAカップ3回戦エクセター・シティ戦でトップチームデビュー。

2月にはアストン・ヴィラ戦でプレミアリーグデビューを果たすも出場機会は増えず、2017年7月にチャンピオンシップ(イングランド2部)のハル・シティへ移籍。

 

ラザル・マルコヴィッチ

  • 生年月日:1994年3月2日
  • 年齢:25歳
  • ポジション:MF
  • 代表歴:セルビア代表

2014-15シーズンにベンフィカから加入。パルチザンではトップチームに定着した2011-12シーズン、翌2012-13シーズンとリーグ連覇。

2013-14シーズンはベンフィカで3冠を達成した優勝請負人だがリバプールでは活躍出来ず。

フェネルバフチェ、スポルティングCP、ハル・シティ、アンデルレヒトとローン移籍を繰り返し、2018-19シーズン冬にフルハムへ移籍。

 

デヤン・ロヴレン

  • 生年月日:1989年7月5日
  • 年齢:29歳
  • ポジション:DF
  • 代表歴:クロアチア代表

2014-15シーズンにサウサンプトンから加入。やらかしたかと思えば大活躍をしたり、安定しないパフォーマンスが不安視されることもしばしば。

ただ、リバプール加入後のインタビューにて『アンフィールドでのアウェイゲームを経験し、ファンがYou’ll Never Walk Aloneを唄う中、リバプールの選手としてアンフィールドに入場してみたくなった。』とコメントするなど、その熱さ(暑苦しさ)はファンから人気。



1/3 ページ


関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。