写真 :Getty Images

モイーズ・キーンを巡る事象

今シーズンのユベントスはクリスティアーノ・ロナウドとマンジュキッチの同時起用が多く、控えのCFがキーン以外に不在だった。

その為、ルカク(マンチェスター・ユナイテッド)やジョレンテ(トッテナム)といった選手が冬のメルカートでの獲得候補に挙げられた。

しかし、それをしなかったのはこの大器に期待している何よりの証拠だろう。

主力不在の時に彼が結果を出しているのは、それが出来る準備をいつでも行ってきたからだ。

チャンスを確実にモノにする19歳。

同世代にムバッペ(パリ・サンジェルマン)やヴィニシウス(レアル・マドリード)が台頭する中で、彼は少し遅れて頭角を現し始めた。

もしかしたらユベントスのビッグイヤー獲得のラストピースはモイーズ・キーンなのかもしれない。

3/3 ページ


関連記事