写真 :Getty Images

なぜかトッテナムが世界一の純利益を叩き出していた

この記事のまとめ

  1. トッテナムが純利益世界記録達成した理由とは?
  2. 来シーズン以降の展望について

 

不思議なニュースです。

補強なし、スタジアム建設のトッテナムがフットボールクラブの純利益の世界記録を更新しました。

 

記録は昨シーズンのもの

2017-18シーズンの税引後の純利益が1億3,000万ポンド(165億円)にも上ったということが発表されました。今年の2月にリバプールが更新していた1億600万ポンド(155億円)の記録を上回り、世界記録を達成したそうです。

この年はウェンブリーを間借りした1年目で、ホワイト・ハート・レーンから3倍弱の収容人数を誇るスタジアムにお客さんが入ったことで、かなりの入場料収入がありました。ウェンブリーの賃料は高いと言われていたものの、やはりというか当然プラスになっていました。それからリーグ戦では3位フィニッシュ、チャンピオンズリーグではグループステージでレアル・マドリードを破り、ベスト16に進出したシーズンでもありました。

フットボールクラブの目に見える大きな支出といえば、移籍金と年俸です。もちろんどれだけいるかわからないスタッフの給料、施設の維持費、アカデミーの運営費、アウェーへの遠征費、その他広告諸々と支出はあるのでしょうが、大きいのは選手関連。

年俸に関してはしょっちゅう報道されているように、上位陣では圧倒的に安い。ちなみにマンチェスター・ユナイテッドはトッテナムの倍ほど。アーセナルでもトッテナムより1億ポンドほど高いそうです。

つまり年俸の抑制が大きかったということ。他のクラブの水準に簡単に乗ってしまえば、むしろ収支はマイナスにもなりえる。数字で見せられると上げろ上げろと簡単には言えなそうです。移籍はルーカス・モウラやオーリエを獲得した反面、カイル・ウォーカーの放出があったため、そこまで大きな出費にはならなかったのです。



1/2 ページ


転載元:
http://spursnavi.com/news-091/

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。