写真 :Getty Images

プレミアビッグ6以外の選手でイレブンを組むと意外と楽しい

この記事のまとめ

  1. ビッグ6以外のチームの選手で組むイレブンを考える
  2. 選手の選出ルールとは?
  3. 各ポジションの選出選手とその理由とは?
  4. 各システムに当てはめたベストメンバー発表

 

今シーズンが残り数ヶ月で終わろうとしている。

90分間に105m×68mのピッチで起こる現象に今年もどれだけ心動かされたことだろうか。数えきれないほどの興奮の連続に感謝したい。

さて今回は何かとプレミアリーグで脚光を浴びるビッグ6ではなく、ビッグ6以外の話題を紹介したい。

昨今ビッグ6の大胆な補強が注目されがちだが、プレミアリーグは莫大なマネーを保有するチームが多く、魅力的な補強をしているのはもはや自明なことである。

さらに言えば、ラ・リーガ、ブンデスリーガ、セリエAなどの名だたるリーグの監督経験者たちが全世界へ放映されるプレミアリーグへ参戦するケースも増えており、タレントがいなくとも独自の戦術でタレントを新たに生み出す動きも出始め、ビッグ6以外のチームでも上位陣を苦しめる厄介な存在となり、次々に相手をなぎ倒していくことも少なくない。

この記事では「打倒ビッグ6」をモットーに、ビッグ6以外の実力者を個人的に取り上げてイレブンを形成したので紹介したい。

※かなりの素人目線の言及が多くなり、突拍子もないことを書いているかもしれませんが何卒ご容赦ください。

 

〜選出ルール〜

 

【選出方法】

① GK ② SDF ③ CDF ④ DMF/CMF ⑤ OMF ⑥ SMF/WG ⑦ CF

上記7つのポジションから今シーズン一際目立った活躍をしたプレーヤーを4名ずつ(GKは2名)選出する。

【フォーメーション】

選出したプレーヤーを現時点で各チームが取り入れているオーソドックスな以下4パターンのフォーメーションに当てはめイレブンを形成する。

 

  1. 4−4−2
  2. 4−3−3(4−2−3−1)
  3. 3−5−2
  4. 3−4−2−1

 

【選出対象】

プレミアリーグ2018-19シーズンの20チーム中ビッグ6を除いた14チーム

ではまず今シーズン活躍したであろうプレーヤーを個人的に取り上げていく。



1/3 ページ


転載元:
https://footidiota.amebaownd.com/posts/5977601

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。