写真 :Getty Images

プレミアリーグ4位圏内を死守し、残り2枠のCL出場権を獲得できるチームはどこか?

この記事のまとめ

  1. 実質残り2枠となったCL出場枠を争う4チームとは?
  2. 4チームの有利な点と、気になる点をそれぞれ考察

50%

これが来シーズンのチャンピオンズリーグに出場できる確率である。

既にマンチェスター・シティとリバプールには大差をつけられ、プレミアリーグに与えられたチャンピオンズリーグ出場権の2枠分は事実上確定している。

(※上記は4/7時点の順位表)

残りの2枠を巡り、勝ち点3差でトッテナム、アーセナル、チェルシー、マンチェスター・ユナイテッドが近年稀に見る戦いを見せている。

過去数年これほどにチャンピオンズリーグ争いが激化することはなかった。ファーガソン勇退意向のユナイテッド低迷、度重なるアウェイ連敗とチーム分裂によるヴェンゲル体制の終焉などでこの時期にはある程度明暗が分かれていたが今シーズンは違う。最後まで見ごたえのある展開に私も久々に胸を踊らせている。

さて残り6試合(アーセナルは7試合)。今シーズン最後の試練が立ちはだかる彼らにとってこの1ヶ月半がどういった期間になるのであろうか。今シーズンのデータと今後の日程を基に個人的な考察を行った。



1/5 ページ


転載元:
https://footidiota.amebaownd.com/posts/6002776

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。